オナホールの使い方・温め方

オナホールの使い方

オナホールの基本的な使い方は、まずローションをオナホールの内部に入れ、ペニスもローションで濡らした状態で挿入します。あとは普通に手でしごけば、普通のオナニーの何倍もの快楽を感じることができます。

また、オナホールを固定して、自分の腰を振る擬似セックス型のオナニーも一般的です。固定法は、まずバスタオル等のローションが垂れてきてもいいものでオナホールを包み、その後座布団は布団などでオナホを巻いてベルトや紐で縛ります。あとはこれを椅子や机等の丁度いい高さの台の上に固定して腰を振るだけです。あるいはラブボディーAkiなどのラブドールを買って固定するのが一番手間はかからず、擬似セックス感も味わえます。

オナホールの温め方

オナホールを温めておくことで、人肌のような温もりを持ったオナホールでのオナニーが楽しめます。主な温め方としては

・湯煎
一番ポピュラーなオナホールの温め方。熱湯は用いずに45~55度程度のお湯を使うとよいでしょう。熱湯をかけるとオナホールの素材が硬化したり溶けたりします。要らなくなった大きめの魔法瓶や電子ポットなどを使わないと、温まるまでに何度がお湯を足さなくてはいけなくて面倒です。

・こたつに入れておく
最も簡単ですが、冬限定の温め方です。むしろ冬はこれ一択とも言えます。ただし、こたつの設定温度を「強」などにしていると、熱すぎてオナホールが硬化したり変形したりするので注意してください。家族と同居している方は置き忘れにくれぐれもご用心ください。

・電気毛布
こちらも冬限定、と言いたいところですがオナホールを温める専用に夏でも常備している人もいます。こたつよりは安く、千円台でも売っているので一枚持っておくのもありですね。しかし、温まるのに時間がかかるので、オナニーをしようと思ったときに急には暖められないこと、だからといってずっとオナホール温める為につけておくには電気代がもったいないこと、などを考えると使いどころは難しいです。

テンガウォーマー
オナホール温め専用の機械です。オナホールに挿して内部から暖めるので、温め時間が短く5分程度で十分温もります。名前からしてTENGA専用のようですが、それ以外のハンドホールもほぼ問題なく暖められるのでおすすめです。

温め方全般に言えますが温め過ぎには注意。また、一緒にローションも温めておかないと、冷たいローションを入れた瞬間に内部が割と冷めます。

このページの先頭へ

セブンティーン ボルトー